ブラック喪明け主婦の貯金ノート

結婚前に借金200万円あったブラック喪明け主婦が真人間になって過払金請求したりクレカを作ったりしてるブログ。

自分で過払い金請求するメリット・デメリット比較してみた

完済から10年経つと時効を迎える過払い金。

実際にはどのようにして返還されるのか気になるところですね。

ってゆーか、法律事務所や司法書士事務所にお願いするとほぼ全自動で債務整理は完結できます。

 

司法書士の先生が相手方とプロ同士の視点で建設的な和解交渉を進めてくれている間、債務者である自分は「自分の人生を100%楽しむ」ことができるので、

正直行って、個人的にはプロにお任せするのがおすすめです。

 

でもやっぱり、、


報酬額が惜しい・・・

 

こういう人もいらっしゃるんじゃないかな?と思います。私もその1人でしたしね。

今やネットにも色々な情報が落ちてるし、本だって出版されてるようです。(情報めっちゃ古いけどww)

 

そこで今回は、私なりに「自分で過払い金の請求を行うメリットとデメリット」を調べてまとめてみました。

 

今回参考にしたのは、法律事務所のブログとか、実際にやってみた人のブログです。

ネットの情報だけを頼りにしているので整合性については100%ではないかもしれませんが、債務整理や過払い金返還請求の交渉を自分でやろうかどうしようか迷っている方の参考になるかと思います♪

 

 

自分で過払い金請求!メリットは?

まず、自分で手続きをすることのメリットをまとめると、

  1. 費用が手数料しかかからない
  2. 和解金のうち、100%を手にすることができる

 こんな感じですね。他にもメリットを無理やり挙げようとすると、「過払金請求について詳しくなること」ですかね^^

では1つずつ解説。

1. 自分でやると料金が安く済む

自分で過払金を請求する場合にかかるのは「書類の手続き費用」「電話代」「振込手数料」です。

  • カード会社に送付する内容証明郵便代:一通あたり数千円
  • 交渉にかかる電話代:通話の長さによる
  • 振込手数料:カード会社が和解に応じたら、返還金を自分の銀行口座に振り込んでもらう

ちなみに、このうちちょっと不安なのは電話代ですね。

これについては後で詳しく書きますけど、自分でやると相手にもされないっていうリスクがあって、電話代が異様にかかるっていう口コミもあるくらいです・・・^^;

 

2. 和解金のうち、その100%すべてを手にする事ができる

プロ(法律事務所)にお願いした場合は、交渉が成立して和解金が支払われたら、そこから「成功報酬」という報酬金をお支払いする必要があります。

成功報酬は一般的な法律事務所では大体「20%前後」と設定されています。

 

それと別に、交渉したカード会社ごとに事務手数料もかかり、1社あたり50,000円以上取る所がほとんどのようです。

 

弁護士事務所にお願いした場合に1社あたりにかかる報酬費用は、

合計で 50,000円+和解金の20%前後

 

この金額を法律事務所にお支払いする必要が出てきます。

 

例えば1社だけの借り入れで和解金が50万円返って来た場合は、

事務手数料50,000円、成功報酬20%の法律事務所にお願いした場合は以下の金額を法律事務所にお支払いすることになります。

事務手数料 50,000円+成功報酬 100,000円 =150,000円

 

つまり、和解金が50万円振り込まれても「手元に残るのは35万円」という計算になります。

 

ただしこの額はあくまで一例で、実際にはもっと少ない報酬額で受けてくれる事務所もあれば、もっと多い事務所もあるようです。

 

例えば、私がお願いした法律事務所のように、報酬額をスライドして減らしてくれるありがたい料金システムを採用している法律事務所もあります。

これはまた別のページで^^

 

 

自分で過払い金請求!デメリットは?

上記でお伝えした通りでは、カード会社から和解金が50万戻ってきた場合、自分で払った書類費用・電話代などを差し引いた金額すべてが手に入ることになります。

そのお金と引き換えに、どんなことがデメリットとして考えられるのでしょうか。

 

まずはデメリットをピックアップしてみたいと思います。

  1. 過払金返還が終わるまで、時間と手間がかなりかかる
  2. 会社や家族など、周囲にバレるリスクが高くなる
  3. 和解金の金額に差が出てしまう

 

1つずつ詳しく説明していきますね。

 

デメリット1. 過払い金返還が終わるまで、時間と手間がかなりかかる事。

まず、書類を作る際にはすべて自分で調べないといけないし、交渉もすべて自分。

つまり誰にも甘えることができません。

 

参考までに、過払金返還請求の流れをざっくり説明すると・・・

  1. 自分の過去の債務について調査・整理。
    (信用情報開示請求など)
  2. それぞれのカード会社に連絡して取引履歴を取り寄せる。
    (過去の返済額を知るため)
  3. 一つひとつ、現在の法定利息と照らし合わせ、計算する。
    (これを「再計算」と呼び、再計算して出て来たのが「過払い金」)
  4. これを返還してもらえないか?とカード会社と交渉を行う。
    (内容証明郵便の送付、電話での交渉を度々行う。カード会社に交渉の主導権を握られるケース多々あり)
  5. 交渉の結果、双方が納得できる条件を決める。
    (「和解金の金額」「支払い条件(支払い期日)」など、話し合いの末に決まる)
  6. 和解金に関する書類を交わす
    (法律事務所にお任せしたので私はよくわからないのですが、自分で作る必要はあるようです)
  7. 和解金が振り込まれる
    (私の場合、法律事務所を通しているのに和解から半年かかったので、それでも不安でした)

 

これを全部自分でやるんですね。

ざっと見るだけでもかなりやる事が多く、くらっとしませんか・・・?^^;

 

デメリット2. 会社や家族など周囲にバレるリスクが高くなる

自分で過払金請求の交渉をやるとなると、手続きはもちろんのこと、郵送書類のやりとりや、電話のやりとりが多くなります。

カード会社から郵便でいろいろな書類が送られてくるが一番問題です。

同居している家族がいる場合は、家族バレ・親バレ・彼氏バレのリスクがプロにお願いするよりも飛躍的に高まるということは覚悟しておかないといけません。

カード会社から「親展」で分厚い書類が送られてくるそうですよ。。。

 

カード会社との交渉はほとんど電話で行なわないといけません。

必然的に平日・昼間の電話が多くなります。また内容はかなりプライベートなものになります。

仕事中にはプライベートの電話ができない方がほとんどだと思いますが、これって結構致命的。

どうしてかというと、せっかくカード会社から電話がかかってきても応答できず「すれ違い」に悩まされるというトラブルがあるからです。

 

電話を応答できたとしても、OLの方や、内勤などで社内にいる事が多い場合、カード会社との会話の内容はあまり他人に聞かれたくないものになるでしょう。

 

和解金の交渉などでは、かなり時間がかかるようです。例えば、

「過去の返済は○○円で・・・」

「いくらなら(何パーセントなら)出せそうですか?」

「いつまでに振り込んでいただけますか?」

「書類の送付先は・・・」

「振込先の銀行口座は○○で・・・」

等、お金や書類に関する会話が出て来たりします。

交渉中には、金額を整理するために自分が計算した書類を見ながら話す必要があります。

 

つまり、完全プライベートになれる状況がなければ、仕事場での交渉は難しいと考えた方が良いです。

 

カード会社は一般企業ですし、債務整理に関する部署は本社であることが一般的なので、営業時間外には電話に出ません。

ですから、私たち債権者の方から、カード会社の営業時間の都合に合わせて、担当者が出てきてくれるまで電話を何度もかける必要があります。

これも普段忙しい方には難易度が高いのではないでしょうか。

 

 

デメリット3. 和解金の金額に差が出てしまう 

和解金が、プロにお願いするよりも安くなってしまうリスクがあります。

金融会社によっては、和解交渉そのものに取り合ってくれなかったり、、それだけなら良いのですが、一番のデメリットはこれですね。

 

カード会社の担当者は交渉のプロ。毎日、弁護士や司法書士とやり合っています。

たとえ弁護士相手でも、少しでも和解金を低くして納得してもらい、会社へ貢献しなければいけません。

そこへズブの素人の債務者本人がやってくる。着地点も曖昧なまま、プロを相手に和解金交渉をしようとしてくる・・・。

 

こんな状況だったら、カード担当者はどう思うでしょうか?

 

足下を見て和解金を低く提示するのは当たり前で、場合によっては適当に無視しつづけるなんていう横暴もあるようです。

結局そこで「やっぱり弁護士事務所にお願いしよう」と諦める羽目になったり、自分で頑張り切っても、和解金額を低く提示されてしまうなんていうこともあるようです。

こちらにまとめました。

関連記事:こんな状況、困った〜!自分で過払金請求した人のトラブルまとめ(準備中)

 

 

自分で過払金請求メリット/デメリットまとめ

最後の方は少し厳しい感じになってしまいました・・・

自分で過払金請求したい!って思っていた人にはキビしい現実をお見せしてしまったかもしれません。

ごめんなさいぃぃ〜^^;

でも、これが現実みたいです。 

 

全てまとめると、こんな感じ。

↓↓

自分で過払金請求をするメリット:

  1. 費用が手数料しかかからない
  2. 和解金のうち、100%を手にすることができる

デメリット:

  1. 過払金返還が終わるまで、時間と手間がかなりかかる
  2. 会社や家族など、周囲にバレるリスクが高くなる
  3. 和解金の金額に差が出てしまう

 

でも、他の方のブログを読んでもかなり苦労されている様子が滲み出てて、相当なストレスだっただろうな・・・って思います。

 

(だから、私は自分で過払金請求をしたいっていう考えを捨てました^^;)

 

すべての行動を、すべて自分の責任で行う必要がある。

過払い金返還請求に関する手続きは本当にたくさん。

取引履歴の取り寄せ、過払い金があるかどうかの再計算、内容証明の作成、和解金交渉・・・

これを「すべて自分の責任で行う」ことになります。

取引していたカード会社が一社だけならまだマシですが、複数社に及ぶ場合は作業がその倍数になります。

 

自分で手続きをするときの和解金の出る率は、カード会社のお行儀の良さ?によっても違うらしいです。

調べれば調べるほど身震いがしました^^;

私は交渉が上手なタイプではないっていうか、交渉なんて人生で一回もしたことないし・・・(フリマとかメルカリで値下げしてもらえないか訊くぐらいww)

詳しくはこちらにまとめました♡

関連記事:こんな状況、困った〜!自分で過払金請求した人のトラブルまとめ(準備中)

 

 

少しでも多くお金を取り戻したくて自分で債務整理を始めたのに、結果的にお金が少なくなってしまうなんて、本末転倒ですよね。

 

ただ、自分でやってみようと思う人は人生経験になるとは思うし、「そこまでやりきった!」というのは本当にスゴイなぁって思います。

私は過払金請求をしていた時期は主婦だったので自分でもできるかな?って思って調べ始めたのですが、子供が生まれたばかりだったので身動きが取れないし、子育て中に余計なストレスを感じたくないから、自分ました。

プロの方にお願いすることでたしかにお金はかかりましたが、ほとんど手間ナシだったのに狙っていた以上の額は手元にもどってきたし、半年間のうちに過払金返還に割いた時間はほんの數十分くらい。

その分、生まれたばかりの赤ちゃんとの〜んびり過ごせたし、合間にパートの仕事もできたので、結果に大満足です^^♡

 

過払金請求にはご存知の通り【最後の取引(完済)から10年】という時効があります。

私は泣く泣く諦めた時効分があり、ざっと計算しても15万くらいの金額が戻ってくるはずでした。(TT)

でもダメでした。請求すらできませんでした。

 

なので、あなたも、今もしモヤモヤとしているなら、一度法律事務所へ相談してみると良いと思います。

事務所によっては初回だけ相談無料だったりしますが、私がお願いした事務所は、「何度でも無料で相談に乗ってもらえる」ので安心です。

無理やり契約させられることはないし、女性のスタッフの方なので怖くないです(っていうか電話だから別にw)

気になってるなら、まずは無料相談ぜひ試してみてくださいね!

 

↓↓無料相談フォームはコチラから↓↓

 女性スタッフだから安心!一人で悩む前に「アヴァンスレディース」

入力するのはメールアドレス、電話番号、相談内容のみでOK。

登録すると法律事務所から電話がかかってきて、相談を聞いてもらえます。