元派遣OLが過払い金請求にチャレンジするブログ

借金300万円あった元OLが、過払い金の請求にチャレンジ!借金返済のこと、クレジットカードのこと、女性の借金問題と債務整理・・色々つづります♪

自分で過払い金請求するメリット・デメリット。和解金にはこんなに差が!!

自分で過払い金請求をすることのメリット・デメリットまとめ。

前回の続きです。

前回の記事をまだ読んでいない方は、こちらからどうぞ〜(^^)

 

 

 

 

f:id:tommyyoshi-biz:20170718064822j:plain

プロの和解金と自分の和解金の違い

前回、債務整理を自分で行った場合、和解金がプロにお願いするよりも低くなってしまうというお話をしましたね。
実際の和解金の差額に関しては、こんな情報がありましたので、ここに載せておきますね。。
※司法書士事務所のホームページを参考にさせていただきました。

下記は、再計算で算出された過払い金の総額に対し、和解金として支払われるパーセンテージの違いです。

法律事務所相手と個人相手ではこんなにも差があるものだそうです。

  個人相手 法律事務所相手
●レイク 50% 80~100%
●セゾン 50~80% 90~100%
●ニコス かなり厳しい 70~100%
●エポス 70% 80~90%

かなり厳しいって、何ですかね・・

カード会社によってかなり開きがあり、レイクでは最悪半額になってしまうこともあるようで、交渉によっては、和解金の額は千差万別であることがわかります。

交渉するときに電話口で脅されたり、低い提示額で詰め寄られてしまい、成功報酬をケチった分以上安くなってしまったかもしれなくて、後悔してますなんて声もありました。(これは流石にかわいそうですね・・頑張ったのに、悲しすぎるTT)

 

債権者の経営状況にもよる

また、これは私がお願いした法務事務所の担当の方に教わったことなのですが、、

昨今の過払い金請求ブーム?のせいで、かつての貸金業者が経営難に陥ったり、倒産してしまったりしているそうです。

そのため、交渉は出来ても、先方の状況的に和解金が沢山出せない・・とガンとして譲ってくれないというケースもあるそうです。

「武富士」なんかが良い例ですね。
武富士はすでに倒産しているので、武富士相手に過払い金返還請求することは不可能となってしまいました。

受任したいがためのセールストークだとは思いますが、実際に、経営難に陥ってM&Aやら合併やらが頻繁に行われている業界だけに、必ずしも大げさな話ではないな〜なんて気がしています。 

 

私がプロにお願いした理由

私は、子供もいて主人は会社に勤めています。

やはり家族に迷惑をかけたくないし、カード会社相手に交渉する勇気もありません。 

自分でやるとなると、少なくとも、かなり調べないと行けないし、相手会社に送る文面(内容証明郵便)を作らないといけません。

郵便局に何度も足を運んだりしなければいけないし、最悪の場合、裁判所に足を運ばなければいけない。

それに何より、自宅に直接、「カード会社の名前」が書かれた書類が送られてきてしまいます。実家にいたときに内緒で借金していたこともあるので、手違いで実家に送られてしまったら大変なことになります。

こういった状況により、結論として、私は経験の確かな法律事務所にお願いすることにしたのでした。

 

こんな場合はプロにお任せしてください

ですので、私のような状況の人(↓)は、自分で行うことは考えた方がよいかなと思います。

○子供がいる、または家族に迷惑をかけたくない

○家族に内緒で解決させたい

○家が持ち家で、金融会社に現住所を知られたくない、すぐに引っ越せない

○仕事が忙しく、雑務に時間をかけられない

○交渉は対面もしくは電話でカード会社の営業時間に行うため、平日日中に電話に出られない

○電話で交渉している姿を会社の同僚や上司に見られたら大変だ

○平日の日中に、裁判所に行く時間がとれない

○内容証明郵便や印紙など、煩雑なことは避けたい

○消費者金融からヒステリックに脅しをかけられたら困る

 

逆に、こんな人だったら自分でやってみてもいいかも

独身で家が賃貸(最悪すぐ引っ越せる)

お仕事のスケジュールが比較的自由にできる、もしくは無職

業者の脅しや怠慢にも屈せず交渉を頑張れる鉄の意思が自慢だ

こういう方なら、自分でやってみるのも人生経験の一つですし、頑張ってみても良いのではと思います。

 

【余談】プロにお任せした成功事例

私は以前、「労働問題」で弁護士事務所にお世話になった事があります。

もちろん始めは、自分で請求書を会社相手に送りました。やはりプロへの支払いをケチって自分で示談交渉をしたんです。

しかし、会社は全く動いてくれませんでした。返事すらこなかった!
そこで、弁護士を立てて労働審判に移ったんです。


弁護士が会社あてに送った受任通知が会社に届くと、すぐに状況が一転しました。

その後、労働審判が行われ、交渉もスムーズに行っていただき、100万円ほど手元に入ってきて、とても助かった経験があります。

このとき、会社から支払われたのは150万円程度で、確かにお支払いした報酬額はそれなりのものだったので、最終的に手にした金額は目減りしてしまいましたが、、

弁護士にお願いしなかったらそもそも0円だったものです。

このことを経験して以来、ある程度はプロにお任せした方が得策なのだと考えています。

ある程度の費用はかかるとしても、スムーズに、ストレスなく完了してもらえることを第一優先にしたい、過去の借金によって自分の今の人生を邪魔されたくない、という人は迷わずプロへお願いすることをオススメします。

自分で過払い金請求するメリット・デメリット。比較してみた

f:id:tommyyoshi-biz:20170718062257j:plain

完済から10年経つと時効を迎える過払い金。実際にはどのようにして返還されるのか気になるところですね。

そもそも、法律事務所や司法書士事務所にお願いするとほぼ全自動で債務整理は完結できます。

司法書士の先生が相手方とプロ同士の視点で建設的な和解交渉を進めてくれている間、債務者である自分は「自分の人生を100%楽しむ」ことができるので、管理人的にはプロにお任せするのがおすすめです

 

しかしながら、、やっぱり、、
報酬額が惜しい・・

 ーーこういう人もいらっしゃるんじゃないかな?と思います。私もその1人でした(^^) 

今やネットにも色々な情報が落ちてるし、本だって出版されている。

そこで今回は、私なりに「自分で過払い金の請求を行うメリットとデメリット」を調べてまとめてみました。

今回参考にしたのは、法律事務所とか、実際にやってみた人のブログです。ただし、これらネットの情報だけをたよりにしていますので、整合性については100%ではありませんが、債務整理や過払い金返還請求の交渉を自分でやろうかどうしようか迷っている方の参考になれば幸いです♪

詳しくご説明していきます。 

続きを読む

過払い金デメリット。親バレ、彼氏バレ、会社バレ・・どうやったらバレない?

f:id:tommyyoshi-biz:20170714151114j:plain

こんにちは★

今回は、ちょっとセンシティブな悩みについて書いてみようと思います。

だいじな家族や子供がいるあなた。

自分の過去や借金のことを知られちゃマズいあなた。

でも、自分のお金は取り戻したい!!そんなガッツのあるあなた。

家族バレ、親バレ、彼氏バレ、会社バレ?? 

気になりますよね・・・

でも、そんなものにビビってたら、借金が時効を迎えて、取り戻せなくなっちゃいますよ!バレないで過払い金返還したいなら、こんな方法がありますよ、っていうお話です。

続きを読む